• ホーム
  • サービス内容
  • 会社概要
  • 代表者の思い
  • よくあるご質問
  • セミナーのご案内

経営お役立ち情報&お知らせ

ホーム>経営お役立ち情報&お知らせ>リスケ(条件変更)すると信用保証料を追加で取られる?

リスケ(条件変更)すると信用保証料を追加で取られる?

2012/02/10

リスケとは、リスケジューリングの略で、金融機関に約定(契約)通りの返済ができない場合に、元本の一部または全部の返済を猶予してもらうことです。

保証協会付の融資に関してリスケをしてもらうと、リスケの返済猶予期間と借入金残高に応じて、信用保証料の追加支払いが、条件変更手続き時に必要になります。

ざっとですが、保証料率1.5%の会社が、保証協会付き借入金1億円を6ヶ月返済猶予(リスケ)してもらうとすると、

保証金額1億円×1.5%×6ヶ月/12ヶ月=75万円

の追加の保証料が条件変更の手続き時に支払う必要があります。

なお、当初の返済期間を伸ばさない形での条件変更を行った場合(いわゆるテールヘビー型への変更の場合)には、上記の追加保証料より安くなります。

いずれにしても、返済が苦しい中でリスケをお願いしても、追加保証料をキャッシュで支払う必要があり、経営の厳しい中小企業にとっては、ずいぶん負担になります。

(土井竜二)

▲ページトップへ

名駅から徒歩5分! 初回面談無料! お気軽にお問い合わせください。TEL:052-462-1940 [受付]9:00~17:00 名古屋市中村区名駅二丁目41番10号 アストラーレ名駅5階
目からウロコの情報満載! 間違いだらけのお金の借り方無料冊子ダウンロード 今すぐここから
資金調達でお困りの経営者の方に! 資金調達虎の巻(全十巻)
■お名前(ニックネーム可)
■メールアドレス

<対応エリア>

名古屋市および名古屋市から30分以内で
移動可能な東海三県(愛知、岐阜、三重)